Information

ニュース

科学雑誌「nature」に論文が掲載されました。(Yeh Chuan-Ming 助教、高木優 教授)

本領域のイェ チャンミン助教と高木優教授が解析に加わった「ヤクシマランのゲノムとランの進化」関する論文「The Apostasia genome and the evolution of orchids」が「nature …

JST「さくらサイエンスプラン」に採択されました。(高木優 教授)

本領域の高木教授のプロジェクトが、科学技術振興機構(JST)が行う日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」に採択されました。 この事業は、日本とアジアの科学技術の発展と青少年の交流を目的とし、日本の …

天然ゴムの生合成機構解明に一助!(大学院理工学研究科 戸澤譲教授 共同研究)

本学大学院理工学研究科の戸澤譲教授らが開発した「コムギ胚芽無細胞蛋白質合成系を応用した膜蛋白質合成法」を用い、東北大学と住友ゴムとの共同研究により、バイオ工学による天然ゴムの試験管内合成に成功しました。 この研究成果によ …

JST「さくらサイエンスプラン」に採択されました。(Yeh Chuan-Ming 助教)

本領域のYeh助教のプロジェクトが、科学技術振興機構(JST)が行う日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」に採択されました。 この事業は、日本とアジアの科学技術の発展と青少年の交流を目的とし、日本 …

【プレスリリース】生体膜の機能制御に関わる多様なスフィンゴ脂質分子を一斉に定量分析する技術を確立(大学院理工学研究科 石川寿樹助教・川合真紀教授 共同研究)

本学大学院理工学研究科の石川寿樹助教・川合真紀教授は、東北大学大学院農学研究科との共同研究により、植物がもつ多様なスフィンゴ脂質分子種の構造を迅速に決定し、全分子種を網羅的に一斉定量分析する新技術を確立しました。さらに多 …

【プレスリリース】イネいもち病耐性における細胞膜のマイクロドメインの役割を解明(­大学院理工­学研究科 長野稔助教、川合真­紀教授ら共同研究)

大学院理工学研究科の長野稔 助教、川合真紀教授らは、奈良先端科学技術大学院大学、慶応大学、立命館大学、及びShanghai Center for Plant Stress Biologyとの共同研究により、マイクロドメイ …

【プレスリリース】気孔開度を調整しオゾン耐性を強化する遺伝子を発見(髙木優 教授 共同研究)

埼玉大学理工学研究科戦略的研究部門グリーン・環境領域 髙木 優 教授は、産業技術総合研究所、国際農林水産業研究センター、国立環境研究所、名古屋大学、岡山大学、理化学研究所と共同で、葉表面の気孔の開き具合を調整しオゾン耐性 …

日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」を実施しました

平成27年10月20日(火)~11月9日(月)、埼玉大学大学院理工学研究科ではマレーシア ヤシ油研究所(MPOB)より研究者2名を迎え、さくらサイエンスプランのサポートで交流プログラムを実施しました。 このプログラムでは …

高木 優 教授がトムソン・ロイター社『2015年 論文の引用動向分析からみた、世界で影響力を持つ科学者』約3,000人に選出されました

トムソン・ロイター社が2003~2013年の11年間に発表された学術論文を基に、顕著に高い被引用数をもつ論文データから、各分野を牽引する科学者を「世界で影響力を持つ科学者」として約3,000人を公表し、「Plant &a …

「理工学研究科 戦略的研究部門研究報告会」が開催されました。

2015年12月2日(水) 総合研究棟(1F)シアター教室にて、文部科学省「国立大学改革強化推進事業」における理工学研究科戦略的研究部門の取り組み状況を報告し、同研究部門の研究戦略への理解を深めることを目的として、本学の …

1 2 »
PAGETOP